外国人留学生特別枠の設置について

外国人留学生特別枠の設置

本学では、「地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律」を踏まえ、大学における教育研究の国際競争力の向上等を図るために外国人留学生に限定した「外国人留学生特別枠」の設置について、文部科学大臣に申請を行い、令和2(2020)年8月に認可を得られました。
この「外国人留学生特別枠」では、令和3(2021)年度からの入学定員数を、商学部経営学科で36人、商学部国際ビジネス学科で9人、政経学部経済学科で23人それぞれ拡充するものです。
なお、本学が本法律による特別地域内学部収容定員増加抑制の除外規定における外国人留学生特別枠の適用を受ける初めての大学となりました。これは、本学において長年培ってきた豊富な外国人留学生の受入実績や受入体制とともに、今後さらに多くの外国人留学生を受け入れ、日本企業において国際社会で広く活躍できる高度外国人材を育成し、我が国への定着を促進するとした理念が評価されたものです。

外国人留学生特別枠に関する出願関連資料はこちら